TOP >> へこんだ時に元気にしてくれる作品はBASARA(少女漫画)

BASARA(少女漫画)

少女漫画なんです。古いし。でも、今でも元気をもらっています。

文明が滅びた後の日本という終末が題材かと思いきや、いえ、これだけでも当時の少女漫画としてはビックリな。

けれど、滅びの後の時代で生き抜くことを描いた作品でした。作者の田村由美さんが描く作品の圧倒的な画力が魅力で、恋してキスしてハッピー終わり、という少女漫画の王道の流れがひっくりかっりました。

それはもう、力強い戦うヒロインが格好良くて、でも少女で、って表現のバランスが絶妙。恋に終始しないで戦って勝ち取る。努力して前向きに叶える。そんな印象が強いです。生き方に疲れた時振り返ってみるんンです。

主人公の更紗と仲間の隼人と揚羽、敵であり恋人で、敵で打倒する対象の朱里。角じい。茶々。みんな素晴らしく強くて格好良くて意志が強い。世界観は違うけれど、現代も江戸の終わり的な印象が強い現代。チャンバラも戦争もまだないけれど、苦しい人々の気持ちがシンクロ相手いるような気がする。

それを更紗が仲間と一緒に全部を巻き込んで戦って勝ってくれる。

頑張りたい。頑張ろう。更紗や那智と一緒に。そんな気分になる。

強く戦う女性に元気をもらいたいときにお勧めです。